Coffee Recipes


コーヒーのレシピ

基本のドリップから、アレンジレシピまでおすすめのコーヒーの楽しみ方をご紹介いたします。

ペーパードリップ

 

もっとも一般的で、実は難易度が高いのがこのペーパードリップ式です。形状の違うドリッパーが何種類もあり、どれがいいか悩むこともあるかもしれませんが、基本的には台形のものは同じ味を再現しやすく、円錐式のものは味を調節しやすいと考えていただけるといいでしょう。

 

淹れ方

  1. コーヒーの挽き方は中細挽きのものを用意しましょう。150mlに対して10gが目安ですので、コーヒーカップなら1杯あたり10〜12g、マグカップなら16〜18g程度です。
  2. まずは沸騰したお湯を用意します。抽出に適した温度は85〜90℃ですので、沸騰してから少しの間湯冷まししてください。沸騰したてで抽出すると、苦味の際立ったコーヒーになりやすくなります。湯冷ましの間にコーヒーサーバーやカップをお湯で温めておきます。
  3. ペーパーフィルターをドリッパーにセットします。フィルターは継ぎ目の部分予め折っておきます。台形のフィルターは折り目が2箇所あるので、裏と表に互い違いに折ります。
  4. 抽出を開始します。まず粉全体にお湯が染み渡る分量だけお湯をかけ、30秒程度コーヒー粉を蒸らします。この時、粉全体がよく膨らめば、コーヒーが新鮮な証拠です。(浅煎りの豆は新鮮でも膨らみにくいことがあります。)
  5. 30秒経ったら2回目以降のお湯を注いでいきます。この時、外側のペーパーにお湯がかからないように気をつけてお湯を注いでください。抽出時間は最初の蒸らしのお湯をかけてから、2分半〜3分程度が目安です。
  6. コーヒーが適量になったら、ドリッパーを外します。下の方に濃いコーヒーが溜まってますので、全体をスプーンなどで軽く攪拌してから温めておいたカップに注ぎます。これで完成です。

フレンチプレス

 

フレンチプレスは金属フィルターを使った抽出方法で、コーヒーの香味成分を含んだオイルまで抽出できるため、新鮮なコーヒー豆を楽しんでいただくのに適した淹れ方です。お湯に浸して抽出するので安定した味で淹れられるのもメリットです。

 

淹れ方

  1. コーヒーの挽き方は中粗挽きのものを用意しましょう。150mlに対して10gが目安ですので、360mlサイズのものなら16〜18g程度です。(出来上がり量は280cc程度)
  2. まずは沸騰したお湯を用意し、器具とカップを温めます。抽出に適した温度は92〜95℃ですので、沸騰してから少しの間湯冷まししてください。コーヒーオイルを抽出するためにもペーパーの時より少し高温で抽出する方がオススメです。
  3. 抽出を開始します。フレンチプレスに直接粉をいれ、粉全体にお湯が染み渡る分量のお湯をかけ、30秒程度コーヒー粉を蒸らします。この時、粉全体がよく膨らめば、コーヒーが新鮮な証拠です。(浅煎りの豆は新鮮でも膨らみにくいことがあります。)
  4. 30秒経ったら2回目以降のお湯を注いでいきます。お湯の量は蓋をしたとき溢れないように大体ビーカーの上から1㎝下までです。抽出時間は最初の蒸らしのお湯をかけてから、4分です。
  5. 4分経ったらプランジャーをゆっくり押し下げていきます。温めておいたカップに注ぎ完成です。

直火式エスプレッソメーカー

 

マキネッタとも呼ばれる、家庭のコンロで手軽にエスプレッソが作れるコーヒー器具です。エスプレッソがが飲めるだけでなく、カフェラテやカフェモカなど、アレンジドリンクのベースにも使いやすいので楽しみ方の幅が広がります。

 

淹れ方

  1. コーヒーの挽き方は細挽きのものを用意しましょう。エスプレッソマシン用の極細挽きだと目詰まりすることもあるので、細引きで充分です。一杯あたり5g〜6gが目安ですので、お使いの器具の杯数にあった量を用意してください。
  2. まずは一番下のパーツに水を入れます。1杯あたり40ml。2杯用のメーカーなら80mlです。
  3. 次にバスケットにコーヒー粉をいれます。2杯用だと12g程度です。盛り上がった部分をスプーンの背などで平らにならします。
  4. サーバー部分をしっかり取り付け、蓋を閉めた状態で火にかけます。このとき、コンロから脱落しないように、ガスセーフティや網の上に乗せるといいでしょう。
  5. 強火にかけるとハンドルが焦げてしまう場合があるので、火加減はハンドルに火がかからないように弱火〜中火がいいでしょう。
  6. ポコポコという音がして、お湯が噴き出す音に変わったら、火を止めて抽出終了です。
  7. 軽く揺らして攪拌してから温めておいたエスプレッソカップやデミタスカップに注いで完成です。ぜひ砂糖をたっぷりといれてお召し上がりください。

 


Cappuccino/カプチーノ

 

コーヒーと牛乳の組み合わせは非常にスタンダードな飲み方ですが、実はその国のコーヒー文化によって少しずつレシピが違います。

ではここイタリアのコーヒー牛乳はというと、エスプレッソコーヒーをベースに作られます。ちなみにカフェラテはイタリア人にとっては家で飲むものだそうで、喫茶店(バール)で頼む時は泡立てたミルクで作るカプチーノを注文するそう。

シナモンはコーヒーの香りを邪魔してしまうのでかけないのだとか。

朝はカプチーノとクロワッサンがイタリアの定番となっています。

 


Marocchino/マロッキーノ

 

「モロッコ風の」という名前の付いたイタリア北部を代表するチョコレートドリンクです。

 

チョコレート10〜20g

エスプレッソ 30cc

ココアパウダー

フォームドミルク 100cc程度

 

ヘーゼルナッツのチョコレートを使うのもとてもオススメです。

 


Caffé Shakerato/カフェシェケラート

 

カクテルシェーカー使いエスプレッソを急冷して作るイタリア版アイスコーヒーです。

 

エスプレッソ60cc

グラニュー糖6〜8g

ココアパウダー適量

 

少量ミルクを足しても美味しく召し上がれます。グラスも冷凍庫で冷やしておくとより冷たさが際立ちます。